初期症状の確認と早期発見が身を守ります

癌なんて自分には無縁の病気と思っている人は注意して下さい

肺癌になってしまう人はタバコを吸っている人の方が確率的には高いと言われていますが、実はタバコを吸っていない人でも肺癌になってしまう可能性があるのです。

体調がすぐれない時は病院に行こう

肺癌の初期症状はとても分かりにくいため多くの人が、ただの風邪と思ってしまい気にせず日々を過ごしてしまいます。体調不良は体が不調を訴えているサインです。簡単に考えずに変だなと思ったときは病院にいきましょう。直ぐに調べることで自分の命を守ることにも繋がりますし、大切な人達に悲しい思いをさせずにすみます。

肺癌の初期症状を知っておきましょう

風邪に似た症状

肺癌の初期症状は、風邪に似ているため多くの人が気づかずに過ごしていることがあります。そのため、症状が悪化してからしか気づくことができすステージが進行しているのです。
特に風邪に似た症状が長く続いているときは、すぐに行きつけの病院を受診するか最寄りの病院にいって相談してみると良いでしょう。風邪のような症状の段階で発見しておけば、治療にかかる体の負担や費用の負担を軽減できますし改善効果も高いと言えるので有効です。

肺癌の初期症状の特徴

初期症状の特徴はいくつかあります。

・一ヶ月以上のあいだ咳がつづきなかなか治らない。
・痰が出る量が最近から増えた。
・ゼエゼエと息切れするほど咳が酷くなっている。 
・胸に痛みを感じるようになった。 
・ご飯など食事をするときに飲み込みにくくなっている。
・あまり動いてもいないのに疲労感が強く出る。 
・食欲が以前より落ちてしまった。 
・体重が減ってきている。 

このような症状が出ている場合は、肺癌の初期症状である可能性があります。体調不良であるのにもかかわらず我慢したり、市販の薬で対応したりせず、直ぐに病院で診察を受けるようにしましょう。

肺癌はステージによって生存率が変わります

肺癌に限らず、ガンになった患者の多くがステージ分けされます。ステージⅠの人は手術をした五年後の生存率は70~80パーセントと言われています。
一方、ステージⅡの場合は手術をしても五年後の生存率は50~60パーセントと一気に低くなってしまうのがこの病気の恐ろしいところです。生存率を高めるためには、肺癌のステージが進行する前に発見することが大切なのです。

原発腫瘍の大きさでステージ分けされる

ステージⅠの人は、原発腫瘍と言われるガンの元になっている腫瘍の大きさが直径3センチ以下で肺組織以外にガンが転移していない状態のことを言います。ステージⅡの人は腫瘍の大きさが直径3センチ以上になっているか、肺組織以外にも転移してしまっている人のことを言います。
そのほかにもリンパ節に転移しているかどうかでステージ分けされることもあります。リンパ節への転移がないときはステージ0と判断されますが、転移が確認されたときは肺癌転移の範囲によって更にステージ分けされていきます。
ステージごとの症状が自分で判断するのは難しく、誤認してしまう可能性もあります。そうすると、安直に考えてしまう可能性があるため注意が必要です。

肺癌になってしまった人も予防したい人も知っておこう

初期治療の方法とリスク・肺癌の種類

手術の方法や癌の種類

自分は癌にはならない。そう思っていても日頃からタバコを吸っている人や受動喫煙をしている人は知らないうちに肺癌になるリスクは高くなっています。そのため、どんな治療方法があるのか、どういった種類の肺癌があるのか知っておきましょう。

READ MORE
肺癌の初期症状について把握しよう
広告募集中